懐かしい品々をご覧ください


by sakuraotosyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
c0148375_23175487.jpg

上の画像は、今日の「品窮寺(ほんきゅうじ)」(広島市安佐北区可部)の様子です。
昭和20年8月6日、このお寺が可部救護所となりました。
私の祖父の救護班は、8月6日の夜九時に品窮寺に到着します。
以下手記の抜粋です。

「寺内へ入ってみたところ、薄暗い電灯の光を浴びて、ひしめく罹災者は堂内にあふれるばかりで、頭髪は焼けちぢれ黒焦げの頭は男女の区別も判らぬほどに灼け爛れ、肩や背中の皮膚は破れて垂れ下がり、女の人などのアッパッパの模様がそのまま背中に残って一面に腫れ上がったものもあり」

c0148375_23462347.jpg
「阿鼻叫喚苦悶の様相は実に地獄絵さながらで何処から手をつけてよいかとまどうほどだったが、班員一同手分けして一生懸命に創傷の処置、救急の治療に努めた」

「なにさま戦時下物資不足の折柄で用意の衛生材料もたちまち不足を告げ、急場の代用として近所の民家から洗い晒しのオシメを寄せ集めて包帯に使用するなどして辛うじて用を達することが出来た。」

「しかし処置中の重傷の人々が次から次と断末魔の苦しみに喘ぎながら息をひきとるのを目の当りに見て、何とも痛ましく気の毒に耐えなかった。」

「負傷者の搬入も一応終日を告げ、全部の処置手当を終ったのが(夜中)三時を過ぎた頃で、班員一同さすがに疲労したので別室に引きあげ着服のまま横になり、暫しまどろむ」

(左画像は「広島県防空医療救護対策要綱」で定められた救護所の標識)
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-04-06 23:54 | 戦時下のくらし
c0148375_1950826.jpg
可部に到着した山県郡救護班は、可部警察署長の指揮で、三篠信用組合救護所へ赴くことになりました。

左画像は「広島原爆医療史附図 広島市原爆被災地図」(財団法人広島原爆障害対策協議会刊)の一部です。青丸23が、三篠信用組合救護所の位置です。赤く着色してあるのは延焼した部分、青い線は爆心地からの半径500m毎の線で、青丸23の三篠信用組合救護所は爆心地から1.5kmから2.0kmの間にあることが分かります。

「祇園方面から爆風による家屋の被害がぼつぼつ見られ、新庄橋付近から先は家屋の倒壊焼失したものが多く、三篠あたりからは道路へ電柱の倒れて炎焼しているものがあって、瓦斯と熱気のため息が詰まりそうで行く手を阻まれ、それ以上前進がむつかしい」

「祇園青年学校救護所まで引返し、そこで救護を開始したところ、可部救護所へ直ちに帰ってくるようにと連絡があった」

山県郡救護班が、可部救護所に当てられた「品窮寺」に到着したのは、8月6日の夜9時のことでした。
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-04-03 20:15 | 戦時下のくらし
先日、広島平和記念資料館の企画展「菊池俊吉写真展」を観てきました。
c0148375_23174684.jpg

原爆投下から二ヵ月後の広島市の様子は戦慄するほど惨たらしく、心が痛みました.
しかしそれでも、取材された医師は「今ごろ来ても、もうなにもない。直後の万分の一もない。」と言ったそうです。

私の祖父が、救護班の医師として、被爆直後の広島へ入ったことは知っていましたが、それについて直接何か聞いたことはありませんでした。
「原爆日記」という文集に祖父が寄稿しているのを見つけましたので、以下抜粋してご紹介します。
c0148375_22543829.jpg

「この日いつものように診察室(所在地:広島市から50km北の加計)へ出て、診療を始めるべく外来二人目の患者と向かい合って腰をおろした瞬間、突如目も眩むほどの青白い大閃光が眼底を射るほどに煌くとともに、天地を振動する大爆音が轟き、間もなく南方に当り、きのこ雲があがった」

「最初はその当時鉄道工事用火薬庫が山の彼方にあったので、それが爆発したものと思っていたところ、しばらくして小学校教科書や新聞などの半ば黒焦げになった紙片が舞い降りて来た」

「地元警察署から広島が爆撃され被害甚大だから、救護班を招集して即刻救護に出動するよう私(当時郡医師会長)方へ連絡があったので、医療関係の救護班員へ急報して出動方を手配し、直ちにトラックを利用して出発した。炎暑の中を二時間ばかりで可部町へ到着したところ、広島方面から避難民罹災者負傷者を満載したトラックが次々入ってくる」


c0148375_22431896.jpg

上の画像は救護班のマニュアル「広島県防空医療救護対策要綱」の冊子です。
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-03-29 22:59 | 戦時下のくらし
c0148375_23585765.jpg

福引とは、くじを引いて、当たれば景品がもらえますので、景品の豪華さに目が行きがちですが、昔は引いた札に書いてある題にたいして、出てくる商品が何で、どういう洒落になっているかを楽しむものだったようです。ちょうど「何々とかけて何ととく」と言ったかんじです。

この明治43年発行の「福引一千題」は、引いた札にかいてある「だい」と景品の「かい」の例が多数掲載されています。
たとえば、「禿頭病」という題に対して、「刷毛」(ハゲ)といったの単純なものから、
「小指のしもやけ」という題に対して「絵葉書」という景品。
「書く(掻く)ところがすくない」
のように、なかなか良くできていると思えるものもあります。
c0148375_093716.jpg

[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-02-26 23:59
c0148375_2201412.jpg

今年も確定申告の時期になりました。

画像は大正五年(1916年)度の加計町の納税予告一覧表です。

今日の固定資産税にあたる地租(田租・畑租・宅地租・雑地租)は国税だったようです。
その他の国税として所得税、営業税、「自家用醤油税」があげられています。


c0148375_22241572.jpg

「自家用醤油税」というのは、個人の自家用醬油醸造に課税するもので、大正14年まであった税金だそうです。

曾祖母が醤油を造っていたという話を聞いていますので、私の家でもこの税を納付していたことでしょう。
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-02-16 22:25 | 大正レトロ
c0148375_2329883.jpg

食の安全性について考えさせられる事件が頻発する今日この頃ですが、
その食料自体が十分にない時代、多くの人々が飢餓に苦しんだ時代がそう遠くない昔にありました。
終戦直後の昭和21年、世界的食糧飢饉の中、日本は敗戦直後の混乱期で、
食糧配給の遅配、欠配が始まり、5月には「米よこせデモ」や「食糧メーデー」があり、
巷では「一千万人餓死説」さえ囁かれました。

画像は広島県地方課が配布した新生常会資料「乏しきを分ち苦しみを相扶けて食糧危機を乗り切らう」です。
この冊子のタイトルは、5月24日の昭和天皇のラジオ放送の一節「乏しきを分ち、苦しみをともにするの覚悟を新たにし、同胞互いに扶けあってこの窮境を切り抜けねばならない」からとったものです。

下は楠瀬広島県知事の談話です。


c0148375_23481567.jpg

[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-02-13 23:51 | 昭和20年代のくらし
c0148375_22333245.jpg
二月だというのに、今日は天気の良いポカポカとした一日でした。
田んぼの雪がなくなっていたので、「田起こし」をやってみました。

トラクターにボッーとして乗っているだけで、すぐに終了。

しかし、一昔前まで、田んぼの作業は多くの人手と労力が必要だったようです。




左の画像は70年前の農作業の様子、
下の画像は同じ場所の今日の様子です。


c0148375_2235412.jpg

[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-02-11 22:39
c0148375_2050597.jpg

昭和17年(1942年)2月18日に長尾神社に於いて、シンガポール陥落戦勝祝賀行事がおこなわれました。画像はそのときのチラシです。

加計町史によれば、
「広島県では一月十日、市町村長に対し「戦捷祝賀行事ニ関スル件」を通牒し、シンガポール占領の日を期し、「開戦以来ノ赫々タル戦捷ヲ慶祝」するため当日に限り祝賀行事をおこなうよう指示した。
加計町では午後一時長尾神社で「シンガポール陥落奉告祭・大東亜戦争必勝祈願祭」が、また午後二時から祝賀式がおこなわれた。さらに、シンガポール陥落記念貯蓄、慰問状・慰問袋の発送が呼びかけられた」 とあります。


c0148375_2054824.jpg

[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-02-09 20:57 | 戦時下のくらし
c0148375_21492099.jpg

昨日、安芸太田町の国設恐羅漢スキー場で行方不明となった男性7人が、全員無事で発見されたという嬉しいニュースがありました。

その恐羅漢スキー場ですが、戦前は「羅漢山スキー場」とよばれていたようです。
昭和12年の「大日本職業別明細図 山県郡佐伯郡全図」には上の画像のように掲載されています。「ヒュッテの設備アリ」とあるのは、売店つきのロッジのような施設のことでしょうか。

そのほか安芸太田町では戸河内松原の「深入山スキー場」や
殿賀のあたりにも「御立山スキー場」というのがあったようです。
c0148375_21501553.jpg

[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-02-06 21:56 | 昔の加計

寛政8年大水害の記録

c0148375_22234289.jpg

「時に寛政八年六月五日五時に、道行滝より大きなつえ(土石流)出」ではじまる十頁くらいの冊子は、寛政8年(1796年)に加計地方に大きな被害をもたらした水害の記録です。
この水害は、私の集落でも死者二人、流失家屋十軒以上の甚大な被害をもたらしました。


c0148375_22352510.jpg
二百年以上前の出来事ですが、今読んでみても当時の悲惨な状況が目に見えるようです。

左画像
「娘二人、屋敷につきうめられ死ル、五日の七つ時にほり出し、六日に葬る」
c0148375_2248343.jpg

上画像
「朝土居のじげ之人(地元の人)の凡そ半分は三本松(裏山)の辺りに行き、泣悲事言難尽(泣き悲しむこと言い尽くしがたし)」
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-02-04 23:04 | 昔の加計
c0148375_20381720.jpg

加計は水害が多いところのようです。
古くは寛政8年(1796年)の大水害、
近年では昭和63年(1988年)の六三豪雨などが記憶に新しいところです。

三枚の画像は、戦前のネガ・フィルムの中にありました。
正確な撮影年代、場所は不明ですが、私の家の近所のようも見えます。
下左は礼安寺近くの小道、下右は小屋ケ原の共同墓地付近ではないでしょうか。


c0148375_20383534.jpg
c0148375_20385545.jpg

[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-02-02 20:59 | 昔の加計
c0148375_2036582.jpg

現在のコンクリートの川北橋の一代前は、昭和26年に開通した吊橋「川北大橋」でした。
上の画像は、その「川北大橋」のさらに一代前の橋のようです。

先代の吊橋が、なぜ「川北橋」でなく「川北大橋」なのか疑問でしたが、先々代のこの橋をみて合点がいきました。
確かに、この橋と比較すれば、昭和26年完成の吊橋は堂々たる「大橋」といえましょう。
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-02-01 20:50 | 昔の加計
c0148375_23543955.jpg

祖父の戦前のアルバムにあった加計川北地区全景の写真です。
正確な撮影年代は不明です。

手前に煙突が一本見えるところが帝国製鉄加計工場があった場所です。
拡大したのが下の画像です。


c0148375_016860.jpg

加計町史によれば、
大正7年加計工場設立するも、鉄価暴落のため操業開始に至らず、
昭和13年、その工場を復興し操業。
昭和19年には(工場附属)建物が54棟あった、とあります。

画像の様子から見て、昭和13年の工場復興以前に撮影されたものだと思われます。
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-31 23:56 | 昔の加計
c0148375_224282.jpg

大正時代の広島の鉄道事情はどんなだったのでしょう。

左官用品卸商の広告郵便に、広島の汽車時間表がついていました。
大正6年6月発行とあります。

山陽線、呉線と芸備鉄道。
「芸備線」ではなく「芸備鉄道」となっているのは、まだ国有化されていなかったからでしょう。
始発は東広島を5時10分発、終点三次7時58分着。所要時間2時間48分。
ここでいう「東広島」とは、現在の東広島市の駅のことではなく、山陽本線の貨物駅「広島貨物ターミナル駅」のことのようです。


c0148375_22424831.jpg

[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-30 23:08 | 交通
c0148375_22515486.jpg


本郷線開通祝賀行進曲
 作詞作曲 岩見楚峯

横川駅を後にして
 我が乗る汽車は北の方
長束 祇園 古市や
 梅林 上八木 可部の里

左に太田の清流を
 眺むと見るや あきいむろ
布より小河内一走り
 山県郡に入るなり

流に迫る山々の
 トンネル数多通りぬけ
久日市 坪野 津浪をば
 過ぎて早やつく加計の町

本郷線の開通に
 未開の宝庫開けゆき
文化の匂日に新た
 祝えや祝え今日の日を 
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-29 22:54 | 交通
c0148375_21253486.jpg

昭和29年3月30日、加計に念願の鉄道が開通しました。
開通記念絵葉書と布・加計間の鉄道のデータをご紹介します。


c0148375_2129282.jpg
安野駅より布方を望む

(開通までの経過)
昭和13年3月 路盤工事一応完成後、日中戦争勃発のため工事中止。
昭和27年5月 運輸大臣の認可により工事再開。
昭和29年3月30日、営業開始。


c0148375_21295386.jpg
太田川第二橋梁(最長橋梁 186m96)

布・加計間の鉄道データ
布・加計間延長 18,460m
勾配 最急25/1.000 曲線 
    最小半径160m
橋梁 19ヶ所総延長1,300m
ずい道 9ヶ所総延長1,495m 
                              最長ずい道 鹿の巣ずい道延長649m


c0148375_21301970.jpg
加計駅

停車場 小河内、安野、水内、坪野、津波、香草、加計
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-28 21:52 | 交通
c0148375_22453050.jpg

昭和12年の「大日本職業別明細図 山県郡佐伯郡全図」 の加計には、すでに加計駅と鉄道が書かれています。
基礎工事が終了し、あとは線路の敷設と駅舎建設を待つのみとなっていた昭和12年。
この年に勃発した日中戦争のため、建設工事は延期となり、加計までの鉄道開通は戦後の昭和29年3月まで待たねばなりませんでした。


c0148375_22561846.jpg
将来的な目標である広島と島根県の浜田をつなぐ鉄道として「広浜鉄道」と呼ばれていたこの鉄道は、実際に開通した時点では戸河内町の中心部の名を取り「本郷線」と呼ばれました。

画像は、広浜鉄道速成加計同盟会の昭和21年のパンフレット「広浜鉄道速成運動概要報告書」です。

明治大正以来、郷土の先人たちが、いかに多大な努力の末、この鉄道の開通実現にいたったか。

鉄道が廃線になって四年を経過した今、このパンフレットを読んでみると、なかなか感慨深いものがあります。


c0148375_22565470.jpg

[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-27 23:33 | 交通
冬の間に田んぼの天地返しをしておきたいと思いつつ、まだできずにいます。
現代ではトラクターにプラウを取り付けて行うのが一般的ですが、大正時代には牛に犂を付けて行っていました。
c0148375_22303410.jpg

上の画像は大正13年(1924年)に祖父が撮影したものです。
背景の山の形状から見て、現在の加計中学付近のようです。
牛に付けている犂は「唐犂(カラスキ)」でしょうか。
田植えの前の荒起こしをしているところのようです。
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-26 22:37 | 昔の農業
今日のニュースでガソリン関連、マヨネーズなどの食品、電気料金などの大幅値上げを報じていました。物価上昇はいつの時代でも好ましからざるものですが、敗戦後の混乱期のそれは、今日とは比較にならない深刻なものであったことは想像がつきます。

昭和23年、閣議決定により、敗戦後の物価を安定させるため、物価安定推進本部が設けられ、公定価格励行を国民に求める物価安定推進運動が展開されました。
c0148375_0223576.jpg

上の画像は広島県物価安定推進本部の公定価格の価格表です。

「明るい生活のため公定価格以上払うな」
「正しい目方で公定価格以下で買いませう!」
「(鮮魚は)尾売りは違反です。目方に買うように注意しませう」
「(そ菜は)目方買いを守りませう」
「買物上手に店屋を選びませう」 
と事細かに注意があります。

「主婦の歌」というのが載っています。
c0148375_0251349.jpg

「主婦の歌」
(一) 物価があがると ストライキ
    いくら給料が あがっても
    物価値上がり 追ひつけぬ
    追えない物価を 追ふよりも
    物価をあげぬが 主婦の知恵
       ソレ     主婦の知恵

(二) 平和日本を 口癖に
    いくら政府が 唱えても
    小売業者や 消費者が
    団結しなけりゃ 無駄なこと
    引込思案は 主婦の恥
       ソレ   主婦の恥

(三) 破れ因習 古い夢
    日本全土の 家庭から
    明るい希望を 持つように
    細い腕でも  よりあわせ
    どんとぶつかりや 主婦の勝
      ソレ    主婦の勝
  
  
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-25 23:59 | 昭和20年代のくらし
三ツ滝は三段峡の最上流にあります。
ようやく一行は三ツ滝まで辿りつきました。
c0148375_2121168.jpg


現在の三ツ滝の先は樽床ダムによって形成された人造湖「聖湖」です。
今なら聖湖口にある駐車場まで車で行き、そこから徒歩数分で三ツ滝へ行くことができます。

c0148375_216428.jpg
                      「三ツ瀧を背景とせる一行」
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-24 21:13 | 旅行
三段滝の偉観。
c0148375_2151546.jpg



c0148375_2132377.jpg
三段滝をさらに上流に進むと、
出合滝、竜門とつづき、
三段峡最奥の「三ツ滝」に到ります。




「断崖を進む一行」




c0148375_21321797.jpg
c0148375_21323178.jpg

竜門
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-23 21:41 | 旅行
「今昔庵」のある葭ケ原の先は、三段滝に行くコースと二段滝に行くコースに分かれます。
二段滝コースを行くと、「猿飛」という幅の狭い峡谷に出ます。
この狭い峡谷を猿が飛んで渡っていたことが「猿飛」という名の由来だそうです。
c0148375_23231112.jpg

「猿飛」を舟で上っていけば、二段滝の壮観を眼前に見ることができます。


c0148375_23273922.jpg

[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-22 23:44 | 旅行
c0148375_215897.jpg

大正13年(1924年)、祖父ら一行は三段峡を探訪。
上の画像は、葭ケ原の「今昔庵」に於ける一行です。

三段峡入り口から3kmぐらい歩くと「黒淵」につきます。
下の画像は、「上流より見たる黒淵の絶壁」
c0148375_2153726.jpg

次の画像には「下流より見たる黒淵の舟遊」とキャプションがついています。


c0148375_21104445.jpg

[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-21 21:15 | 旅行
c0148375_218173.jpg
木馬道を通って、山から下ろされた木材は、川岸まで運ばれます。

川岸からは、筏に組む場所「筏場」まで一本流しにされます。
これを「木流し」といい、木流し専門の職人もいたそうです。(加計町史民俗編参照)

左の画像は大正11年(1922年)に祖父が撮影したものです。
画像が小さいながらも、木流し職人の姿が確認できます。
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-20 21:37 | 昔の加計

c0148375_21431022.jpg
大正11年(1922年)、大阪の病院に勤務していた祖父が加計に帰省したときに撮ったアルバム「帰省小品」の中の一枚です。
当時、伐採した木材は、画像のような「木馬道(キンマミチ)」に滑らせ、下まで運んでいました。


c0148375_21375590.jpg

[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-19 21:43 | 昔の加計
c0148375_20243788.jpg

「川北大橋」(現在の「川北橋」)は吊橋で、昭和26年に開通しました。
上の画像は川北大橋の開通式のようすを撮影したものです。
昭和42年には現在のコンクリートの川北橋に架け替えられていたので、私にはこの吊橋時代の川北大橋の記憶はありません。
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-18 21:00 | 昔の加計
c0148375_2318132.jpg

昭和10年ごろの瀧山川橋です。
山崎側から撮影していますから、背後に見えるのは巴町です。
欄干の横に立っている幼児が私の父です。
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-17 23:20 | 昔の加計
c0148375_23274161.jpg

昭和8年4月に着工し、昭和9年11月に落成した下山発電所。
「加計町史通史編」ではこの工事について、次のような当時の新聞記事を引用しています。
「加計町を中心に山県郡一帯の同地方は土工人夫が雪崩込んで活況を呈すべく、・・・
『発電所景気』招来に、連年不況の悲鳴をあげた『農村地獄』から久々に救はれようとしてゐる」

下山発電所をはじめとする電源開発は、昭和恐慌に端を発した不況にあえぐこの地域にとって、雇用の場を提供する明るい出来事だったようです。

上の画像は祖父が撮影した建設工事が行われていた頃の下山発電所付近のようすです。
当時を知る伯母の話によると、「キリンビール」の看板が見える建物は食堂兼旅館。
その数軒隣に祖父の医院の出張所があったそうです。
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-16 23:46 | 昔の加計
c0148375_2245353.jpg

砂塵を巻き上げ疾走するバス。
道路が未舗装のためか、相当砂埃が舞い上がっているようです。


c0148375_22454661.jpg



c0148375_22461553.jpg

切り立った山と川岸の崖の間のくねくねとした道を走るバス。
撮影年代は昭和十年代のようです。
[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-15 22:56 | 交通
c0148375_15555377.jpg

滝山川の対岸から川北橋、土居を望む。
川北橋は吊橋でした。
滝本方面へ目を転じると、
安浦に移転する前の帝国製鉄加計工場の姿を見ることができます。


c0148375_15561280.jpg

[PR]
# by sakuraotosyo | 2008-01-14 15:57 | 昔の加計